東南アジアに限らず、海外旅行で気を付けないといけないのは水事情ですよね。日本人は「水道の蛇口をひねると飲料水がでてくる」というイメージがありますが、これは日本国内だけで通用することだと思ってください。日本の上水道の技術は世界トップクラスで、「安心して飲めるお水」として有名ですが、これは世界でもごく一部の国だけの話しです。特に発展途上国の国では、水に関してはまだまだ深刻な問題を抱えています。つい、いつものクセで蛇口からでるお水を飲用してしまいがちですが、水道水を飲用するのは絶対にダメですよ。水道水の飲用は、海外では通用しないと肝に銘じておいてください。

レストランや食堂では、日本のようにお水が無料ででてくることはありません。お水が飲みたければ、有料のミネラルウォーターを注文してください。まれに小さな食堂で、お水がでてくることがありますが、飲まないほうが無難でしょうね。特にお腹の弱い人は注意するにこしたことはありません。念には念を入れるのであれば、ミネラルウォーターなどはペットボトルに入ったものを頼むのがいいでしょう。自分でペットボトルを開けて飲むのであれば、間違いありませんよね。

注意してもらいたいのは、グラスに入った氷です。ミネラルウォーターを元に作った氷であれば問題ないのですが、水道水をそのまま凍らせている場合もないわけではありません。いくら凍らせていても溶ければただの水道水なので、やはり危険です。暑いところでは入った冷たい飲み物を飲みたくなるものですが、缶やペットボトルから直接飲んだほうが安心といえるでしょうね。暑い国なので、缶やペットボトルの飲料はキンキンに冷えているので大丈夫だと思いますけどね。

もうひとつ気を付けたいのは、生野菜のサラダです。野菜を水道水で洗ったものも注意してください。野菜を洗うときにミネラルウォーターを使う人はまずいないでしょう。水道水で洗っていると思っていたほうがいいでしょうね。実際は、野菜についた水滴くらいは大丈夫だと思いますが、お腹の弱い人は避けたほうが無難かもしれません。そういう方は、できれば生野菜ではなく、火を通したものを食べることをおすすめします。

では、歯磨きや洗顔はどうなのでしょうか。実際には飲むわけではないので、そこまで神経質になる必要はないと思いますが、どうしても気になる人は、最後にミネラルウォーターをで口の中をゆすいだり、水道水を洗い流すような感じで顔をすすいでもいいかもしれませんね。

自分の経験で言うと、現地で水道水は絶対に飲みません。氷は、ホテルなどのきちんとしたレストランのものであればOK、街中の小さい食堂などではNGと決めています。サラダに関しては、行くたびに食べていますが、今のところ食あたりはありませんね。シャワーや洗顔、歯磨きも水道水でやっていますが、まったくもって問題はないですよ。あまり神経質になってしまうと、せっかくの旅が楽しくないので、「水道水は飲まない」ということだけ徹底して守っていれば、大丈夫な気がしますけどね。

現地の人は水道水を飲んでいることが多いようですが、元々免疫がついているので何ともありません。日本人は免疫がついていないので、お腹をくだしてしまうことが多いようですね。あえて慣れる必要はないので、喉が乾いたら「ペットボトルのミネラルウォーターを買って飲む」ようにしてくださいね。ホテルでの購入は高額なので、現地のスーパーマーケットで購入するといいですよ。びっくりするぐらい大きいミネラルウォーターがたくさん売っています。ホテルの部屋でお湯を沸かすときもミネラルウォーターですよ。